結婚式ムービーをどうやって準備しますか?

パーティーの進行を考える時に欠かせないのが
映像アイテムではないでしょうか?

 

結婚式場の提携業者にまかせる?自作にチャレンジする?
そういえば友人が得意だって言っていたような気がする。
ハナハマサジのような専門サービスを利用する。
いくつかの選択肢の中からお二人ならどう選びますか?

 

カギとなるのは「予算」と「時間」ではないでしょうか?
そこでハナハマサジ的な選び方を提案します!

おふたりがこの表のどこに位置しているのか考えてみてください。
(挙式までの時間が2ヶ月以上あれば時間があるといえます)
A、B、C、Dそれぞれにぴったりな選択をお教えします!

 

A(予算をかけたい)×(時間がある)

 

予算も時間もかけられるお二人にはすべての選択肢が残っています。
こだわりの映像を探し出すこともできますし
思い切って自作にチャレンジすることもできます
映像制作を知り合いに依頼してみてもいいでしょう

 

あえてキーワードをあげるなら「お二人らしさ」ではないでしょうか

 

多くの商品のなかから「お二人らしさ」を表現できるアイテムを探してください
不慣れでも「お二人らしさ」にこだわった映像をつくるのもいいでしょう
知人にしか表現できない「お二人らしさ」があるかもしれません

 

お二人らしい映像とはなんなのかをぜひ考えてみてください

 

B(予算をかけたくない)×(時間がある)

 

時間はあるけど予算はかけたくない
そんなお二人のキーワードは「手間」です。

 

忙しい仕事の合間をぬって結婚式の準備をするのは楽ではありません。
まだ時間があるお二人ですが
準備しなければいけないアイテムは山のようにあります。

 

映像にどれほどの「手間」をかけられるのか
選択のポイントはそこではないでしょうか。

 

比較的安価に依頼できる商品のなかから選べば「手間」を省くことができます。
しかし映像制作がむかしより簡単になったいまならば
「手間」さえかければ誰でも自作という選択肢は残っているはずです。
知人に依頼するという選択肢は「手間」の観点からいえば
ちょうどその中間にあたります。

 

結婚式までのお二人の状況を
共有するところからはじめてはいかがでしょう。

 

C(予算をかけたい)×(時間がない)

 

映像に予算をかけたくてもあまり時間がない。
そんなお二人のキーワードは「時間」です。

 

「時間」がないとはいえまだ1ヶ月以上残されているなら
結婚式場の提携業者があつかう商品をチェックしてみるのもいいでしょう。

 

挙式まで1ヶ月を切り、いよいよ「時間」がない。
そんな場合にも<特急仕上げ>などの対応を行うサービスはあります。
割高になるかもしれませんが間に合います。

 

確実にいえるのはプロ以外に依頼することは控えたほうがいいということです。
「時間」のない中では相手の負担になりかねません。

 

D(予算をかけたくない)×(時間がない)

 

予算も時間もかけられない。
もしかしたらここに当てはまるお二人が一番多いのではないでしょうか。

 

それでも映像を流したいと希望するお二人を動かすものはなんでしょう?

 

お持てなしの心?映像は流すのが当たり前だからという気持ち?
披露宴で映像を流すことが夢だったという人もいるかもしれません。

 

キーワードは「目的」です。

 

時間がないお二人ならば自作や知人に依頼することは諦めて
安価な映像商品を探さなければいけない段階ともいえます。

 

しかし誰でも簡単に映像をつくることができる今であれば
そう結論づけるのはまだ早いかもしれません。

 

ゲストが映像を喜んで観る場面を想像してみてください。
それこそが「目的」なのではないでしょうか。

 

ハナハマサジは自作ムービーをおすすめします。
時間がないなかで知人に依頼することは難しいでしょう。
短納期の安価な商品を上映することが「目的」でしょうか?

 

お二人が手作りの映像を喜ばないゲストはいませんからね。


お問い合わせ
お電話はこちらから