結婚式ムービーをDVDに焼き込む(オーサリング)方法!

Windows10でプロフィールムービーを自作する方法を

3回に渡ってお伝えしました。

 

<Windowsフォトアプリでプロフィールムービーを自作する!前編>

<Windowsフォトアプリでプロフィールムービーを自作する!中編>

<Windowsフォトアプリでプロフィールムービーを自作する!後編>

 

完成したプロフィールムービーを結婚式で上映する方法は、

「DVD(Blu-ray)持ち込み」もしくは「PC持ち込み」の2択。

ハナハマサジのオススメはDVD持ち込みです。

 

事前に渡しておくことが可能なDVDなら当日の手間がなく、

また上映ミスも非常に少ないことも特徴です。

 

PCを持ち込む場合、ゲストの中からPC操作に協力いただく方を探し出す必要があります。

食事を中断させてまで席を立たせたくはないですよね。

 

■DVDオーサリングとは

DVDを持ち込む際に障壁となるのが「オーサリング」です。

オーサリングとは動画素材から、

DVDプレーヤーで上映可能な形式のファイルを作成することです。

 

MP4データをオーサリングなしにDVDに焼き込んでも上映はできません!

くれぐれもご注意を!

 

<Windows10オススメのオーサリングソフト>

無料でDVDオーサリングをおこなうならオススメは「DVD Styler」です。

→ DVD Stylerダウンロードはこちら

自分のPCが「32bit」と「64bit」、どちらか分からない場合も簡単に調べられます。

→ Windows10で32bitと64bitを確認する

 

インストールを完了させます

 

 

■DVD Stylerの使い方

DVD Stylerを起動すると新規ブロジェクトの設定画面が現れます。

以下のように設定しましょう。

 

DVD Stylerには数多くメニュー画面のテンプレートが用意されています。

「かっこいいDVDを作るぞ!」と意気込む気持ちも分かりますが・・・。

 

披露宴で上映するDVDにはメニュー画面は必要ありません。

※結婚式場ごとに指定のフォーマットがある場合もあります。必ずご確認ください。

 

そもそも短い1本の映像をDVDにする場合、メニュー画面は必要ありません。

それどころかメニュー画面があることを嫌がられる場合すらあります。

 

プレイヤーにディスクを入れたら再生、映像が終わったら停止。

シンプルなDVDである方が事故なく上映できるからです。

 

 

作成した動画を読み込んだら「メニュー1」は削除してしまいましょう。

 

 

つづいて「DVDオプション」を選択して設定します。

 

 

これで完了です!

あとはDVDに書込むだけという簡単さ。

 

一時保存ディレクトリの設定には注意してください。

指定のフォルダに到達するまでの間に、

日本語を使用したフォルダがあるだけでもエラーが発生します。

半角英数字限定です。

 

またメディアはDVD-RWではなく、DVD-Rの使用をオススメします。

エラーや再生不良が発生しにくいためです。

 

「録画用(ビデオ用)」と「データ用」がある場合は、

「データ用」を使用しましょう。

※「録画用」で問題が起きることはほとんどありませんが。

 

さあ「開始」を押してDVD-Rに書き込みをしましょう。

完成です!

結婚式場に持ち込む前に、必ずDVDプレイヤーで再生確認をしましょう。

※PCでの再生確認はオススメしません。市販のデッキでの確認が一番確実です。

文字の間違いがないか、映像に乱れがないかチェックします。

 

映像を2種類持ち込む場合、

メニュー画面を付けた一枚のディスクを持ち込むよりも、

メニュー画面のない2枚のDVDを持ち込むことが大切です!

 

※DVD-Rはディスクとプレイヤーの互換性にバラツキがあり、正常に再生できないこともあります。

その場合は使用するメディアを変えてみましょう。

 


お問い合わせ
お電話はこちらから